都の写真帳

cuniacius2.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 12日

フラウト・トラヴェルソ 2

フラウト・トラヴェルソ、その2は、日本人の古典木管楽器製作家、中川隆氏作のシェラーモデル。
ピッチ:a1=415Hz、材質:コーカスウッド材
ほとんど入手不能の希少な材、cocuswoodによるとても美しい楽器です。

f0042194_20161392.jpg
f0042194_20162374.jpg
f0042194_20171690.jpg
f0042194_20171537.jpg
f0042194_20171405.jpg
f0042194_20171398.jpg
f0042194_20165760.jpg
f0042194_20165609.jpg
f0042194_20165583.jpg
f0042194_20165429.jpg
f0042194_20163639.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2018-08-12 20:22 | Flauto Traverso
2018年 08月 05日

フラウト・トラヴェルソ 1

久しぶりの更新です。ここ数年、プライヴェイトな時間が増えたことで、(比較的手軽に)短時間でも追求可能な写真から、もともとの音楽へとおおきく軸足が移ってしまい、写真はあまり撮らなくなってしまいました。レンズもカメラもごく少数しか残さず、処分してしまいました。
カメラは、M-9Pがメインで、仕事用のGR-Digiral、楽器の近接撮影用にElmar-V 3.5/65mmを付けっぱなしにしたEOS-5D(初代機、Mk-I?)です。レンズは、M-Nikkor 28mm、Voigtländer Sonnar 40mmなどの安めのもの、あとは、初代Summicron-M 50mm、Hektor 1.9/7.3cmくらいしか残っていません。

というわけで、これからは、楽器の写真を中心に、趣味のヨーロッパの音楽についての記事ばかりになると思いますが、ほそぼそと更新していきたいと思っています。

今日は、夏休みで多少時間があるため、最近撮りためているフラウト・トラヴェルソ(バロックからクラシックの時代の木管のフルートを、現代において区別するのに、なぜかイタリア語を使ってこのように呼びます。英語圏でも割合使われます。バロックの当時は、音楽の中心はイタリアだったため楽器の名前そのものがイタリア語で指定されることが多かったことに加えて、18世紀の初頭までは、フルートというと今日のリコーダーのことを自動的に示したために、flauto traverso(横のフルート)と呼ばれることが多かったことにちなみます。)をご紹介します。

バロック時代のおわり1730年ごろから1800年ごろにかけて使われていたフルートは、こんな感じでした。この楽器は、当時パリで作られたものをもとにして、東京で作られたものです。例えば、バッハの管弦楽組曲第2番などのフルートのレパートリーは、このような木のフルートで演奏されていました。

今日の楽器は、日本人の名工、杉原広一氏が、2014年に作ってくださったもの。18世紀を通じてヨーロッパで最も高名な木管楽器製作家の一人、トマ・ロットが製作した楽器をもとに作られたものです。発注したのは、なんと1991年か92年のことでした。20年以上待った甲斐のあるすばらしい楽器です。
他のフラウト・トラヴェルソと比べて、吹きにくいなどということはなく、どんなコンディションの時もボリュームのある音が豊かになりますが、ものすごく複雑な音がします。ひとことで「きれいな音」のように片付けられない、深い、味わいのある音です。
材質:キングウッド、銀、象牙

f0042194_15300286.jpg
f0042194_15300164.jpg
f0042194_15295704.jpg

f0042194_15295828.jpg

f0042194_15295983.jpg

f0042194_15300070.jpg
音楽




[PR]

# by cuniacius2 | 2018-08-05 15:47 | Flauto Traverso
2016年 05月 06日

For Sale! オールド・フレンチ・ピッコロ、お譲りします!

Auguste Bonnevilleのピッコロ、お譲りします。詳しくは、コメントでご連絡ください。
f0042194_23574138.jpg

f0042194_2358253.jpg

f0042194_23581945.jpg

f0042194_23582794.jpg

f0042194_23583843.jpg

f0042194_23584785.jpg

f0042194_23585696.jpg

f0042194_2359545.jpg

f0042194_23591453.jpg

f0042194_23592538.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2016-05-06 00:02 | Elmar 3.5/65mm(V)
2015年 08月 29日

小樽

春の海、寒かった!
f0042194_10234066.jpg


[PR]

# by cuniacius2 | 2015-08-29 10:25 | Elmarit 2.8/28(1964)
2015年 08月 29日

M-Rokkor 28mm

夏休みのある日、写真部の活動で札幌市西区の農試公園に出かけました。
久々に軽くてコンパクトな28ミリ、M-Rokkorを持ち出しましたが、いいレンズです。


[PR]

# by cuniacius2 | 2015-08-29 10:23 | M-Rokkor 2.8/28mm
2015年 03月 15日

くじら

台中市内で
f0042194_10190747.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2015-03-15 10:23 | Summar 2.0/5cm(1937)
2015年 03月 15日

やしのき

台中で
f0042194_10191476.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2015-03-15 10:20 | Summar 2.0/5cm(1937)
2015年 03月 15日

ほのぐらさ

台中市内で
f0042194_10032543.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2015-03-15 10:05 | Summar 2.0/5cm(1937)
2014年 10月 27日

秋の休日

北大にて
銀杏並木が色づくと札幌の人は北大にどうしても来てしまうらしい。
風が吹くと金色の雨が降るようだ。
f0042194_034531.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-10-27 00:36 | Sonnetar 1.1/50mm
2014年 07月 16日

古平町

f0042194_9525760.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-07-16 09:53 | Elmarit 2.8/28(1964)
2014年 05月 01日

満開のソメイヨシノ

札幌市、中央区
満開のソメイヨシノ。札幌ではめずらしい。
快晴の青空に映えてきれいでした。小さな木ながらも大勢の人が足を止めていました。
f0042194_7225783.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-05-01 07:24 | Elmarit 2.8/28(1964)
2014年 05月 01日

スカッとさわやかに晴れた日の夕暮れ

札幌、中央区
いつもとる壁の一つ。
f0042194_721328.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-05-01 07:22 | Elmarit 2.8/28(1964)
2014年 05月 01日

巨木の公園

札幌市、山鼻公園
プラタナスの巨大なのが何本もありました!
f0042194_7193463.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-05-01 07:20 | Elmarit 2.8/28(1964)
2014年 03月 05日

矢作川

豊橋から名古屋へ戻る途中、矢作川を渡る車中から1枚。
f0042194_035634.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-03-05 00:36 | Sonnar 2.8/40mm
2014年 03月 02日

モントリオール1—ベーグル屋さん

1月訪問のケベック州。
ケベック市を終わりにして、モントリオールの写真をあげていきましょう。
f0042194_952851.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-03-02 09:07 | Elmarit 2.8/28(1969)
2014年 02月 17日

Ville de Québec 9 — ちょっと夕焼けきれいでした

港に降りる前。
残照がきれいに燃えてました。
f0042194_00246.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-02-17 00:01 | Elmarit 2.8/28(1969)
2014年 02月 16日

Ville de Québec 8 — Je me souviens.

ジュ・ム・スヴィアン 「私は忘れない。」は、ケベック州のモットーだが、セント・ローレンス川を見下ろす崖沿いには今も、大砲の砲列が。
仏軍が英軍と戦って敗れた古戦場も近く、フランス系住民のイギリスに対するルサンチマンは今でもしっかり意識されている感じがした。
f0042194_23504555.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-02-16 23:54 | Elmarit 2.8/28(1969)
2014年 02月 16日

モノクロ21ミリの1日—小樽・札幌

いつもの場所ばかり・・・・・・
f0042194_10341974.jpg

f0042194_10342936.jpg

f0042194_10343534.jpg

f0042194_10343948.jpg

f0042194_10344482.jpg

f0042194_10344966.jpg

f0042194_1035388.jpg

f0042194_1035974.jpg

f0042194_10351622.jpg

f0042194_10352640.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-02-16 10:37 | Super-Angulon4.0/21
2014年 02月 16日

空撮! 諏訪盆地

1月末、松本空港に着陸。
新潟のほうからアプローチして、一度南に。
塩尻峠から諏訪盆地、八ヶ岳、甲斐駒、富士山とよく見える。
このあと御岳、乗鞍を見ながら右にターン。
穂高連峰、大キレット、槍、常念を眺めながら北上し、明科上空で左旋回。
今度は松本市街を眺めながら南向きに松本空港に着陸するという遊覧コースのようなフジドリームエアラインズでした。

昨日からの大ドカ雪で、このあたりもいまは完全に真っ白なんだろうと思う。
実家のある茅野市の平野部(写真の諏訪湖の少し上)も70センチは超えたらしい。
高齢の親だけ残している人たちは心配だろうなあ。
f0042194_135795.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-02-16 01:07 | Summaron3.5/35(M)
2014年 02月 16日

1月の東京は春みたいだったのに

1月末、仕事で半日東京に。
根津〜向丘あたり。東京の春みたいな冬が好き。

今回の大雪被害に遭われた本州のみなさん、ほんとうに大変ですね。
お見舞い申し上げます。
f0042194_104014.jpg

f0042194_104793.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-02-16 01:03 | Summaron3.5/35(M)
2014年 02月 16日

Ville de Québec 7

セント・ローレンス川沿いから再び高台に登るところ。
この階段、登りました。
f0042194_043465.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-02-16 00:44 | Elmarit 2.8/28(1969)
2014年 02月 16日

Ville de Québec 6 - パイヤールにセシボン

古い商店街
フランスにいるのと同じ。フランス語のお店ばかり続く。
f0042194_0401624.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-02-16 00:42 | Elmarit 2.8/28(1969)
2014年 02月 16日

Ville de Québec 5 - monochrome

とある街角
f0042194_0381840.jpg

f0042194_0382443.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-02-16 00:39 | Elmarit 2.8/28(1969)
2014年 02月 15日

Ville de Québec 4

郵便局前の坂
郵便局の入る建物。どの建物もふつうにあたりまえのようにこんな古い様式。
f0042194_23533217.jpg

f0042194_23532381.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-02-15 23:58 | Elmarit 2.8/28(1969)
2014年 02月 15日

Ville de Québec 3

ケベック市、3枚目です。
夕方、自由時間があって頼まれたお土産を買いに片道2キロの散歩に出ました。
氷点下10度以下なのに道路は大量の岩塩でぬかるんでいてすべります。
ですが気持ちのよい晴れの宵でした。

ちなみにケベック・シティーでの宿は、正面の古城風のホテル、Chateau Frontenacシャトー・フロントナックでした!
f0042194_16424451.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-02-15 16:45 | Elmarit 2.8/28(1969)
2014年 02月 09日

Ville de Québec 2

1月、ケベック市で
青空のケベック州議会議事堂にはケベックの旗が翻っていた。
f0042194_20371890.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-02-09 20:38 | Elmarit 2.8/28(1969)
2014年 01月 20日

セント・ローレンス川の朝焼けに根室海峡を思い出す

ケベック・シティー、旧市街の高台にそびえる「シャトー・ホテル」、シャトー・フロントナックに泊まりました。ホテルの脇から旧港と川、そして対岸を見下ろす。
羅臼と根室海峡の朝焼けを思い出した。寒さは同じくらいか。
f0042194_0375195.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-01-20 00:41 | Summilux 1.4/35('64)
2014年 01月 20日

Ville de Québec

1月5日から15日まで、ケベックに行ってきました。
写真は、ケベック・シティー、世界文化遺産の旧市街です。
夕暮れの坂道。
f0042194_0332964.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-01-20 00:35 | Elmarit 2.8/28(1969)
2014年 01月 01日

スベルホドー  今年もよろしくお願いします!

みなさん昨年は大変お世話になりました。
年末に向かって忙しく、更新も滞ってしまいました。
写真も撮れていないのでご勘弁を。
大晦日の雪かき途中の写真です。気温は比較的高いものの雪はこの時期としてはたっぷりあります。
f0042194_15235779.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2014-01-01 15:24 | iPhoe5
2013年 11月 04日

深川の小粒ナナカマドと納屋

深川にて
f0042194_237213.jpg

[PR]

# by cuniacius2 | 2013-11-04 23:07 | Summar 2.0/5cm(1937)